子供,成長,目安

うちの子どもは早い?遅い?気になる成長の目安をチェック!

うちの子どもは早い?遅い?気になる成長の目安をチェック!

 

 

子供の成長って本当に早いですよね!
毎日必死で我が子を育てていた日から、少しずつ心に余裕が出てきて周りを見渡せるようになるともう思春期!

 

そのころには「あれ?」と見た目の成長への疑問が。
お友達の方が頭一つ出るぐらい身長差があったり。

 

「我が子って他の子よりももしかしたら成長が遅いのかも?」
「うちの子細すぎない?」

 

不安になる前にまずは成長の目安を見ていきましょう。

 

 

 

知りたい!子供の成長の目安とそのポイント紹介

うちの子どもは早い?遅い?気になる成長の目安をチェック!

 

 

男の子

  • 小学1年生→113センチ
  • 小学2年生→120センチ
  • 小学3年生→125センチ
  • 小学4年生→130センチ
  • 小学5年生→135センチ
  • 小学6年生→141センチ

 

女の子

  • 小学1年生→112センチ
  • 小学2年生→118センチ
  • 小学3年生→124センチ
  • 小学4年生→130センチ
  • 小学5年生→136センチ
  • 小学6年生→142センチ

 

だいたい男女ともに一年で約5センチ伸びていきます。
小学生って6年の間に約30センチも伸びるんです!
入学した時には大きすぎるランドセルも6年生になると背負うのも一苦労なぐらい小さく感じたりしますよね。

 

子供の成長は十人十色なので平均値と多少の違いはあります。
平均よりも小さくても小学一年生から六年生まで少しずつでも成長していればその子なりに成長しているということで大丈夫です。

 

 

 

子どもの成長が目安より遅い!その時とるべき行動は?

 

 

この成長する時期にあまり伸びずに成長が何年も平行線の場合は心配した方がいいかもしれません。
成長ホルモンに関する病気などもあり得るのでもし心当たりがあれば学校の健康診断や病院でしっかり相談しておきたいところです。

 

もし病気であれば一日でも早い発見が成長にはとても大事です。
成長ホルモンの分泌に問題があればそれに適した療法もありますし、もし病気でなければそれに越したことはありません。

 

もし病気ではなく成長がとてもゆっくりの場合は生活習慣を見直しましょう。
子供の体の大きさは遺伝でほぼ決まると思っている方が多いですがそれは間違いです。
実際は生活習慣によるものが80パーセントを占めています。

 

生活習慣で見直すべき点は「食事」「運動」「睡眠」です。
好き嫌いなく栄養バランスのとれた食事と、適度に筋肉や骨に刺激になる運動、そして質の良い睡眠が何よりも成長ホルモンの分泌に大事です。

 

 

我が子は家でゲームなどは好まずよく外で遊ぶ子です。
そして外で体を動かすとお腹がすきごはんもよく食べてくれます。
好き嫌いはある方ですが運動のあとはとにかくお腹がすいているようで嫌いなものも細かくしたり混ぜ込んだりすれば割と食べてくれます。

 

そしてお腹がいっぱいになると眠くなり自然と早く寝るようになります。
公園でよく会うお友達や週末も家族で外で過ごす時間が多い子供は割と体が大きい子が多い印象です。
外遊びをすることで太陽の光を浴びます。太陽の光に当たることで光合成をし、体内でビタミンDが作られます。

 

 

ずっと家の中にいるとこれが出来ないんですよね。
もし身長を伸ばしてあげたいのでしたらこの「食事」「運動」「睡眠」をきちんと毎日することでいつかグッと背が伸びる日が来るかもしれませんね。

 

特に睡眠は、寝る子は育つとはよく言ったもので寝ている間に成長ホルモンが出るのでちゃんと寝ないことにはどんなに頑張っても背は伸びません。
小学生でも9時にはベットに入っておくのが理想です。

 

 

うちの子は寝付きにくいときはホットミルクを飲ませるとよく寝てくれました。
牛乳はカルシウムも豊富で体内に吸収されやすく、安眠効果も期待できるので是非やってみてくださいね。

 

 

 

特に成長期は身長がグンと伸びる子がいたりして我が子の成長がゆっくりだと焦りますよね。
でもただ焦っていても仕方ありません。
親としてしてあげれることを子供と一緒に実践してみて成長する時期に備えてあげてくださいね!

 

 

子供の成長に不安なら!試してみるべき贅沢のびるんるんの効果!